「総合印刷機材展」「P-1グランプリ」に出展しました!

「総合印刷機材展」「P-1グランプリ」に出展しました!

7月26日(金)・27日(土)の2日間にわたって「姫路モトヤ 総合印刷機材展 2019 繋ぐ・・・ “次代”へ~デジタル新潮流は『兵庫』から~」(会場:神戸サンボーホール1階大展示場) が開催されました。弊社はブースの出展と「第10回 2019 P-1グランプリ」に甲南堂とKONANDO Laboとして2作品を応募・展示しました。

総合印刷機材展は、兵庫の「夏の風物詩」として姫路モトヤ様主催で開催されているイベントで、 神戸サンボーホールでの開催は2年ぶり。弊社も何度も出展させていただいている展示会です。今回の弊社ブースの目玉はもちろん、2月にコーナンドーラボを開設して以来初の総合印刷機材展ということで、デコレーションタッチを前面に打ち出したブース内容で臨みました。

印刷機を搬入して実機デモを行われているブースもちらほら見受けられた中で、加飾ポスター・チラシのみの弊社ブースは若干味気ない印象があったかもしれませんが、展示物の一つ一つは自信をもってご紹介できるものばかり。ブースではお客様からの様々なご質問・ご感想を頂戴することができました。ご来場いただいた皆様、このたびはありがとうございました!

今回のP-1グランプリは、「大喜利P-1グランプリ」と銘打って「新元号『令和』になって、○○はこう変わる」をテーマに応募作品を展示。総合印刷機材展の来場者と出展企業の投票で決まるP-1グランプリ各賞と、展示会後の7月29日(月)から姫路モトヤ様のFacebook上の投票で決まる各賞が設定されます。会場では約30点の意欲的な応募作品がズラリと並んでいました。

「P-1グランプリ 2019」応募作品展示コーナー

P-1グランプリ開催に当たって「各部署から必ず1案は提出のこと!」とのお達しが下った弊社。「ウチの部署は今回はスルーでいいわ~」なんて甘い考えは許されず、「新元号『令和』になって、○○はこう変わる」という決して簡単ではないお題を前に、各部署から選りすぐりの案が計12作品出そろいました。そこから最終的に社長審議を経て生き残ったのが今回の2作品。どちらも自信作ですよ!

何を隠そう弊社は、2年前のここサンボーホール開催でグランプリを受賞しており、相性の良いこの地で再びグランプリ獲得なるか!?ということで大注目なんです。結果が発表されましたら、後日このラボログでもお知らせしたいと思います。吉報をお届けできればいいのですが・・・乞うご期待!

コーナンドーラボのデコレーションタッチは、弊社サイトで制作事例を数点ご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。