prokomカンファレンスで「1st Konica Minolta Innovative Print Award」を受賞!

prokomカンファレンスで「1st Konica Minolta Innovative Print Award」を受賞!

少し月日が経ちましたが、6月5日・6日の2日間、スペイン・バレンシアでコニカミノルタ様主催のグローバルコミュニティ「prokom」の「カンファレンス2019」が開催されました。そこで行われた「Print Application Contest」表彰式で、弊社は「1st Konica Minolta Innovative Print Award」を受賞。カンファレンスに招待され渡西した水落社長と水落取締役は、華やかな祝宴の席で温かく歓待していただきました。

prokomは、コニカミノルタ様が2016年に欧米を中心としたグローバルコミュニティとして設立したもので、同社のプロダクションプリント製品を使っているクライアントを対象とした世界的なユーザー会。顧客同士がネットワーキングを通して、相互に学び、成長していくことを目標としています。

カンファレンスで配布されたパンフレット、ディナーメニュー、出席者ネームカード

カンファレンスはその活動の一環として同社が毎年開催しているもので、「Print Application Contest」は同社のIP商品群で製作した実物印刷サンプルによるコンテスト。甲南堂はこれに「Accurio Jet KM-1」と「JETvarnish 3D」で製作した印刷物を特別エントリーしていましたが、このほどエントリーした4作品から、「神戸牛」と「いくら」の加飾ポスター2作品が入賞し、記念楯を授与していただきました。

今回の受賞について水落社長は、「弊社は現在、デジタル加飾『デコレーションタッチ』で実現する『感動印刷』の需要開拓に注力しており、コンテスト応募作品はその第一歩として位置付けている。それが今回の受賞という形で評価していただけたことは大きな励み。これを機にさらに勢いに乗っていきたい」と、今後の市場拡大に向けて弾みをつけていく考えを示しました。

2019.6.6 カンファレンスにて ©prokom

コニカミノルタ様とprokom関係者の皆様には、このたびの受賞、心より感謝の意を述べさせていただきます。誠にありがとうございました。