「国際フロンティア産業メッセ2019」にご来場いただきありがとうございました!

「国際フロンティア産業メッセ2019」にご来場いただきありがとうございました!

9月5日(木)・6日(金)の2日間、神戸国際展示場で開催された西日本最大級の産業総合展示会「国際フロンティア産業メッセ2019」。弊社は1号館1階のS-12ブースに出展し、兵庫県立大学経営学部・當間克雄教授のゼミ生4名と連携して、デジタル加飾「デコレーションタッチ」をPRしました。ご来場いただいたお客様からは、本当にたくさんの反響をいただくことができました。誠にありがとうございました!

展示内容としては、弊社が今、社を挙げて取り組んでいるデコレーションタッチのPRを大々的に展開。ニス加工・箔押しされた加飾部分を、見て触って「感動印刷」が体感できるサンプルを多数展示しました。

今回の目玉は何といっても、兵庫県立大・當間ゼミの学生たちとのコラボ。企画段階から参加してもらいましたが、パネル制作のアイデア出しでは「B2というサイズを生かすには、誰もが知っている名画を使うのが良いのでは」との声が学生たちから上がり、名画を模したデザインに加飾する案が採用されました。

さらに学生たちには開催当日、その“デコった”パネルを体の前後に付けた「サンドイッチマン」に扮してもらい、お客様のブース誘導・対応まで手伝ってもらいました。

体の前後にさげているパネルに直接触れてみたり、学生たちに質問を投げかけるお客様も多く、その度にしっかりと受け答えしてくれている光景は頼もしい限りでした。デコレーションタッチで加飾したうちわも配布しましたが、こちらも評判が良く、ブースでの効果的なアピールツールになりました。

今回は、弊社の若手デザイナーも協力して、学生たちにブース展示内容の企画立案から加わってもらい、開催当日のお客様誘導法のアイデア提案からお客様対応までひととおり経験してもらいましたが、弊社としても「ブース出展を成功させる」という目的に向かって、現役の学生とともに取り組めたことは、良い刺激になったと思います。

学生たちとの連携の橋渡しをしてくださった兵庫県中小企業団体中央会様、2日間の長時間にわたって弊社デコレーションタッチのPRに協力してくれた学生の皆さん、そして、当日のブースにご来場いただきましたすべてのお客様、この度は本当にありがとうございました!また何かの機会でご縁がありましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

当日の会場では、お時間の都合もあり、すべてのお客様からのご意見・ご質問にご対応できなかったかと思います。コーナンドーラボサイトでは、お問い合わせフォームがございますので、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。