「KoLaBo(コラボ)2019」開催!【後編:作品発表会】

「KoLaBo(コラボ)2019」開催!【後編:作品発表会】

11月1日・29日の2回にわたってコーナンドーラボで開催した「KoLaBo(コラボ) 2019」。前回の記事「KoLaBo(コラボ)2019」開催!【前編:オリエンテーション】に引き続き、今回は11月29日の作品発表会の様子をお届けします。前回のオリエンテーションをふまえて、それぞれのテーマに対してどのように取り組み、課題を仕上げてきたのでしょうか。今回もマスコットキャラクターのみんなにレポートをしてもらいました。

“売れるモノ”~ニーズに応えるために

きんぱくんは、どちらかのコースに参加したの?

商品開発の方に参加したんだ。甲南堂の会社案内やリーフレットにボクらマスコットを入れてもらって、箔押しやニスで加飾してもらって・・・。

・・・これはまさかの(驚)

ねぇ・・・。案外マトモ・・・。

2人の中でボクってそんなに突飛なキャラなの!?・・・っていうかニースさんまでヒドい・・・(T_T)

いやいや、ごめんなさい!(^_^;)・・・でもきんぱくん、考え方は悪くないけど、それって“商品”としてどうかな?世の中で売れるモノになりますか?

そうよ。甲南堂の会社案内やリーフレットは営業ツールにはなるけど、売り物にはできないでしょ。会社を“売り込む”ために使うものだからね。

そっか。自分のことばっかり考えちゃってたな~、反省だ。

つくろうとしているものは間違ってないから、落ち込まないでね。では、その商品開発コースに参加した皆さんが発案した加飾物のアイデアをみていきましょう!良いお手本ばかりですよ。

どれも考え抜かれたアイデアばかりで驚いちゃった!(ぎんこちゃん)
  • お城や武将が好きな人をターゲットにしぼり、ポストカードやレプリカを駅売店などで販売
  • UVレジンでつくるアクセサリーキットに添付されているイラストシートを作成
  • クリスマス・迎春など季節商品POPの既製品をターゲットにする
  • CDジャケットに加飾をして、お客様の「ほしい!」を喚起。衰退化しつつあるCDにあえて目を付け、「CDで売りたい」アーティストとコラボする
  • 周年記念の名刺、限定仕様のパッケージやお祝いツールに加飾を。「心に残る最後の年賀状」、今が仕掛け時かも!?
  • スポーツ試合やライブの観客限定のお土産として、神戸をモチーフにしたしおりをつくる
  • “ピンPOP”に視覚的インパクトをプラスし、「目につく、気づく」売場に。小売全般に提案可能なので、ヒットすれば市場規模が大きい
  • ルミナリエの来場者に記念になるプレミアムカードを作成する

バラエティに富んだ発想がいっぱい!さすがだわ・・・。どれも着眼点が鋭くて、深く練り込まれたアイデアばかりね!

そうですね、素晴らしいと思います。それと私はもう1点興味深かったことがありまして。いろんなタイプの案が出たその一方で、同じ方向性の案を提示している人が複数名いたことなんですよ。

絵本に加飾するだけでなく、点字にデコレーションタッチを

  • 絵本に加飾を施して、見て触って楽しめるものに
  • オリジナリティに特化した「あなただけの絵本」をつくる
  • 触って読む点字つき絵本に加飾することで、目の見える人と見えない人、そういった親子関係の人に、バリアフリーの絵本を
  • 従来の点字の上に新しい文字を印刷した書体を開発した人がいる。この書体にデコレーションタッチを採り入れてもらい、世の中に広めるお手伝いがしたい
  • 甲南堂と同じポートアイランドに、目に関するトータルな支援を行う全国初の施設「神戸アイセンター」があるので、点字の加飾でここと協力できれば・・・

あっ、絵本に加飾かぁ~。これは見せ方次第では子供たちのハートをガッチリわしづかみできそうだよね!

それと点字ね。点字付き絵本にデコレーションタッチを採用して、『子供から大人、目の見えない人と見える人、バリアフリーで見て触って楽しめるものを』っていう考え方が申し合わせなしに一致するなんて、甲南堂の社員さんステキすぎ!

見ても触っても読める書体の開発者との結び付けや、甲南堂があるポートアイランド内の施設との地の利を生かしたコラボの可能性まで想定されていて、感服しましたよ!

必要に応じて詳細な資料を添付し、より分かりやすく伝わるようにする姿勢が素晴らしかったです(ニースさん)

作品に自然と表れた“神戸愛”

そして、もう1つのコースは『神戸のポストカード開発』ね。こちらのコースも見る前からどんなものが完成したのか想像してワクワクするわ!

こっちのコースはボクが皆さんの作品を預かってるよ。ジャーーーン!

こちらもまた、様々な方向性の作品が出そろいました!(ニースさん)

わあ!これまた多種多様な作品がズラリね!アタシはやっぱり・・・“肉のやつ”にすぐ目が行っちゃったわ(笑)なによこれ~(^_^;)

生肉のいわゆる“サシ”の部分がKOBEの文字になっていて、そこがニス加工になってるんですね。あとこっちのコースはロゴを考えて作品に盛り込むんですが、KOBEとお土産を意味するSOUVENIR(スーベニール)の造語でKOBENIER(コウベニア)になっていたりします。

この神戸市のマップを可愛らしいイラストで描いてるのも、ロゴがKOBENIR(コーベニール)になってるね!しかも『神戸にいる』という言葉とかけてるところが面白い!

ほかの作品も、切り絵風でレトロタッチなものや、ぺンキアートのようなダイナミック&カラフルなもの、“KOBE”を前面に押し出して金箔加工でインパクトのあるものなど、箔押しとニス加工をうまく作品に生かしてますね。

こっちのは、“神戸”って文字を解体・再構築して読み方を「カミト」に変えてロゴにしてる。発想が斬新!

ポストカードコースの人もそうでない人も、作品を手に取って意見交換してたね!(きんぱくん)

「神戸のポストカード」というのがテーマとしてあったけど、本当に心から神戸のことが好きじゃないと、これだけの作品はつくれないんじゃないかなって思ったなぁ。

そうですね。確かに甲南堂の社員さんの“神戸愛”が垣間見えた企画だったかもしれないですね。そもそも商品づくりというのは、作り手がまずその制作物を好きでなければ、お客様に気持ちが届きませんから。

美しくまとまったところで、アタシたちのレポートはここまで、かしらね。KoLaBo楽しかったわ~、またこういった企画をする時は、レポートさせてくださいね!では~。

いかがでしたか?社内的な企画だったので、ブログでどういった形で発信すべきか悩んだ部分はありましたが、なるべくありのままお伝えしたつもりです(マスコットたちには「包み隠さないで」と依頼しました(笑))。

甲南堂では今後も、チャレンジ精神を忘れず、今回のような企画に意欲的に取り組んでいくことになると思います。そうした取り組みが、結果的に社会貢献にもつながっていくと信じて、精進し続けていきたいですね!

今年始まったラボログですが、年内の投稿はこれで最後。思い返せば、あっという間の1年でした。そんなラボログのファーストイヤーにお付き合いいただき、本当にありがとうございました!来年も甲南堂の活躍にご期待ください!

あと数日で、令和初の大みそかとお正月です。
良いお年を、そして、素晴らしい新年を皆で迎えましょう!では!

最後は懇親会で締め。みんなで1カ月の健闘をたたえ合ったのでした