HISTORY沿革

1933年
(昭和8年)
藤田常一が神戸市東灘区の自宅にて創業
1949年
(昭和24年)
社名を有限会社藤田甲南堂印刷所に
1956年
(昭和31年)
神戸市東灘区住吉宮町にて操業開始(活版印刷・製本等)
1960年
(昭和35年)
御影に製本工場新設
1961年
(昭和36年)
サクライ 四六判四才全自動凸版印刷機導入
1963年
(昭和38年)
  • 藤田久司が2代目社長に就任
  • ハイデル プラテンT型導入
1964年
(昭和39年)
  • ハマダ スター単色八才オフセット印刷機導入
  • 配送業務スタート
1965年
(昭和40年)
ハイデル 単色A判半才オフセット印刷機導入
1967年
(昭和42年)
  • オフセット製版スタート(モリサワ 手動写植機・カメラ・焼付機)
1968年
(昭和43年)
サカタ商会 ジュエリー四六判半才オフセット印刷機導入
1969年
(昭和44年)
社名を株式会社藤田甲南堂印刷所に変更
1970年
(昭和45年)
北館増築(写植・フィニッシュ・製版・印刷)
1971年
(昭和46年)
ハイデル A全判2色印刷機SOR-DZ導入
1973年
(昭和48年)
ハマダ チャンドラー単色簡易オフセット輪転機導入
1984年
(昭和59年)
「南工場CTS」(モリサワ 電算写植)スタート
1985年
(昭和60年)
「活版印刷部門」終業
1989年
(平成元年)
社名を株式会社甲南堂印刷に変更
1995年
(平成7年)
阪神・淡路大震災により設備等甚大な被害を受ける
1999年
(平成11年)
  • 「めーむ制作室」元町にてスタート(スタッフ30名)
  • 「WEB制作」スタート
2000年
(平成12年)
藤田久司が兵庫県印刷工業組合4代目理事長に就任
2001年
(平成13年)
新ロゴ・シンボルマーク制作
2005年
(平成17年)
水落充が3代目社長に就任
2006年
(平成18年)
「システム推進部」スタート
2007年
(平成19年)
  • 富士ゼロックス モノクロオンデマンド印刷機DocuCentre f1100GA導入
  • ISO27001(ISMS)認証取得
2008年
(平成20年)
  • 「御影スタジオ」新設稼動
  • ホリゾン 中綴じ折製本システム導入
2009年
(平成21年)
  • 完全デジタル製版化完了
  • 「企画制作本部」をデジタルセンターに集約
  • 富士ゼロックス オンデマンドカラーデジタル印刷機700Digital Color Press導入
2010年
(平成22年)
  • 水落充が兵庫県印刷工業組合6代目理事長に就任
  • リョービ 754-A B判半才4色機導入
2011年
(平成23年)
プライバシーマーク認証取得
2012年
(平成24年)
  • 勝田 断裁機「SH-HOWシリーズ」導入
  • ホリゾン 菊半裁全自動クロス折機「AFC-56シリーズ」導入
2013年
(平成25年)
  • リョービ 754GP-A B判半才4色反転機導入
  • 工程管理システム M-BOOSTER導入
  • コニカミノルタ モノクロオンデマンド印刷機bizhubPRESS1250導入
2014年
(平成26年)
  • 富士ゼロックス DocuColor5656導入
  • 創業80周年記念式典開催
  • 「兵庫もえしょくプロジェクト神戸支部」スタート
2015年
(平成27年)
  • BCP対応データセンター稼動
  • 富士ゼロックス Versant2100Press導入
  • 国際フロンティア産業メッセ2015(神戸国際展示場)に出展
2016年
(平成28年)
  • 国際フロンティア産業メッセ2016(神戸国際展示場)に出展
2017年
(平成29年)
  • 富士ゼロックス DocuColor7171P導入